読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JL1NIE ’s blog

趣味のアマチュア無線やプログラミングについて徒然と。

KX2の発熱対策

f:id:CentralAttack:20170409083743j:plain

  KX2ユーザの間でKX2の発熱問題が最近話題になっています。先日の倉岳山のアクティベーションの際も冬にもかかわらず、ファイナルの温度が48度まで上昇してしまいました。

 とりあえず一番簡単そうな対策ということで、放射性放熱板なるものを貼ってみました。

f:id:CentralAttack:20170409084605j:plain

 KX2のファイナルは三菱RD15HVF1パラで右側面のパネルで放熱しています。側面パネルの放熱の強化と、本体側面へあまり熱が逃げていないような気がするので、それを補強する意味でつけてみました。

f:id:CentralAttack:20170409084643j:plain

 手持ちのダミーロードが貧弱なため連続送信ができません。とりあえず温度上昇の変化だけ測定してみました。SOTAのCQメッセージを18wpmで5W連続送信し、ファイナルが室温から40度に到達するまでの時間を計測してみました。温度はKX2の内蔵センサで計測しています。

 熱放射板なし:1分58秒

 熱放射板あり:2分9秒

 うーん、微妙すぎる結果でした。これでもダミーロードがかなり発熱してしまいました。どのくらいの温度でサチるのかも不明。SOTA仲間のJP3DGT局のようにもう少ししっかりしたヒートシンクが必要かもしれません。ヒートシンクの追加も含めもう少し実験してみたいと思います。

jp3dgt.blog.fc2.com