読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JL1NIE ’s blog

趣味のアマチュア無線やプログラミングについて徒然と。

SOTAのスポット方法まとめ

本Blogの記事に書いた SOTAのAlertやSpotについてまとめてみました。

※間違い等ありましたらご指摘ください。

  • 事前準備
     SOTAwatch2へアクセスし、Registerよりコールサインや氏名などを登録します。登録したコールサインでログインするとAlertやSpotの登録をすることができます。(ログをアップロードするSOTA Results and Summits Databaseとは別に登録が必要です。)

  • アラート(Alert)の登録方法
     アクティベーションする山や運用開始予定時間、運用周波数、モードを事前に登録することが出来ます。Alertは世界中のチェイサーが注目していますので事前登録しておくとコールされる確率が高くなると思います。SOTAwatch2にログイン後、こちらからアクティベーションの予定を登録してください。特に難しいところはないと思いますが、ETA(Estimate Time of Arrival)にQRVの予定時刻をUTCで、運用周波数・モードは例にもあるように、"Freq-mode"の形式で入力してください。

     例:21.062-CW, 14.062-CW, 433-FM

     SOTA Alertに登録しておくとQRV予定時刻前からRBNHoleというプログラムが RBN(Reverse Beacon Network)を使ってバンドの監視をはじめてくれます。Alertに登録されたコールサインが見つかると、後で述べるスポットを自動的に投稿してくれます。なお事前に登録した運用予定周波数によらず、RBNが稼働しているすべての周波数で監視していますので、事前に登録した運用バンド以外でのQRVもスポットしてくれます(もちろんRBNでアクティベーション局が聴こえていればですが)。

     なお、Twitter@SOTAwatchspotJAではSOTA Alertに登録されたJA国内のアクティベーションの予定を当日朝8時にツイートしています。ツイートの際にはVOACAPを使って運用予定バンド(HFのみ)における各CQゾーンへの伝搬予測も併せてツイートしています。アクティベーションするバンド・時間帯の参考にしてください。

  • スポット(Spot)の投稿
     SOTAwatch2にはアクティベーション局のQRV情報がリアルタイムで投稿されます。DXのチェイサーもスポットを頼りに呼んできますので、確実にスポットされる(する)ことがDXとのQSOを成功させるために重要です。
     スポットにはチェイサーが投稿する通常のスポット、アクティベータが自身でするセルフスポット、RBNHoleが自動的に行うスポットがあります。
    RBNHoleのスポットはAlertに登録されていれば自動的に行われますので、ここではマニュアルで行うスポットについて説明します。スポットの投稿にはつぎの3種類があります。
    (1) SOTAwatch2から投稿
     PC・スマホIEChrome等のブラウザを用いて、こちらから投稿します。

    (2)スマホ専用アプリから投稿
     スポットの確認や投稿ができるスマホの専用アプリがあります。iPhoneではSOTAGoatAndroidではSOTA spotterなどが有名でしょうか。使い勝手が良いので、私も山頂で携帯が繋がるときはセルフスポットに使っています。

    (3) APRSメッセージから投稿
     APRSのメッセージでスポット情報
    を送るとSOTAwatch2に投稿してくれるAPRS2SOTAというサービスがあります。東京近郊の山でも山頂で携帯電話が使えないことがあるため大変重宝しています。山頂から144.64MHz(9600bps)、144.66MHz(1200bps)等のAPRSの運用周波数でゲートウェイ局にアクセスできる必要があります。今のところ東京近郊の山頂で繋がらなかったことはありません。数十Km以上離れたゲートウェイ局にメッセージを拾ってもらってびっくりするぐらいです。

    f:id:CentralAttack:20160726221737j:plain


     事前登録が必要ですので、こちらから登録を依頼してください。登録完了後、SOTA宛に以下の形式でAPRSメッセージを送ります。

    ・メッセージのフォーマット
    • Summit-ID
    • Frequency
    • Mode (e.g. AM,CW,DATA,DV,FM,PSK,RTTY,SSB,OTHER)
    • call-sign
    • optional comment
    ・メッセージの例(コール以降のメッセージはオプションです)
    TO:SOTA
    JA/KN-022 14.062 CW JL1NIE Activate Mt.Shiroyama
    スポットが成功すると、SOTAから「Spotted (Spotした情報)」というメッセージが返信されてきます。

  • スポットの確認
     スポットを確認する方法として以下のようなやり方があります。
    (1) SOTAWatchで確認
     こちらからスポット情報を確認することが出来ます。またSOTAmapでは地図と連携してスポット情報が表示されますので自局との位置を確認するのに便利かと思います。

    (2)スマホ専用アプリで確認
     前述したSOTAGoatやSOTASpotterで確認することが出来ます。バンドやアクティベーション先でスポット情報を絞り込むことが出来るため大変重宝してします。

    (3) twitterで確認
     twitter@SOTAwatchではSOTAwatch2に投稿されたスポット情報がリアルタイムでツイートされます。@SOTAwatchspotJAではJA国内のアクティベーションを@SOTAwatchのタイムラインから捜し5分おきにtweetしています。また毎朝8時のアラートに出てきた局についてはRBNHoleとは別に独自にRBNをモニターしツイートしています。Skimmer毎のSNRが表示されますので伝搬状況の確認にご活用ください。
    10:13:37 JL1NIE on 21061.00 Skimmer: JG1VGX-#:(7dB)
    JA1LZR-#:(7dB) #SOTAspotJA

    (4)APRSメッセージで確認
      JL1NIE-10宛にAPRSメッセージを送ると(内容はなんでもかまいません)、@SOTAwatchspotJAの最新3局分のスポット情報をAPRSメッセージで送り返してくるサービスを実験しています。APRSメッセージは「UTC-コールサイン-周波数」の並びとなっており、各局の最新のスポットの時間・周波数が送られてきます。携帯電話が繋がらない山頂でもスポットの確認を行うことができます。S2S(Summit-to-Summit)交信を狙う際にご活用ください。
     なお、現在144.66MHz(1200bps)で、JL1NIE-10からのメッセージが送達されないという問題が発生しています。JL1NIE-10以外にもSOTAからのメッセージも不達になっているのでi-gate局におけるコリジョン等の問題かと思われます。144.64MHz(9600bps)では比較的繋がりやすいようですのでこちらをお使いください。

    ・メッセージの送信
  • TO:JL1NIE-10
    Message:(内容はなんでもかまいません)
    ・返ってくるメッセージ
    FROM:JL1NIE-10
    Message: 01:41-JL1NIE/1-21.062 01:43-JA1ABC/1-10.108
    01:52-JG1XYZ/3-7.100