JL1NIE ’s blog

趣味のアマチュア無線やプログラミングについて徒然と。

Glue-EFHWとGPの比較

f:id:CentralAttack:20180113175943j:plain

 先日折れてしまった釣竿の代わりに新しい竿を入手しました。釣竿を試してみるついでにいくつか実験をしてみました。

実験1

 先日の城山でGlue-EFHWでQRVした際、エアバリコンを使ったチューナで同調するEFHWに比べ、いただくシグナルレポートが悪いのではないかとの疑念がありました。

 そこで同じエレメントにGlue-EFHWのトランスと、いつものチューナを付けてスキマーのSNRの比較をしてみました。

f:id:CentralAttack:20180113180920j:plain

 狭い場所でエレメントを展開したため、トランスの方はSWRが落ちずSWR=2と高めです。一方チューナはSWR=1.0まで落としこめました。Qも高くいかにもロスが少なさそうです。

14MHzで3W出力で試した結果(トランス=14.058MHz、チューナ=14.050MHz)、

  • 10km位の距離の直接波(JH7CSU-1)は同じSNR(31dB)
  • 1800km離れた電離層反射(BI4SSB)でもQSBの範囲内
    (トランス=12dB,17dB チューナ=16dB,12dB)

となりました(エレメントが同じなので前者が同じなら後者は当たり前?)。

 思ったよりチューナの有無による差は大きくないようです。城山では折れて短くなった釣り竿で展開したため、地上高が低かったのが本当の原因かもしれません。

実験2

 次に場所を変えて、先日作成したGPとGlue-EFHWの比較をしてみました。残念ながらバンドコンディションが落ちて来てしまったため、常にスキマーに拾われる状況ではなくなってしまいました。14MHzでロシア局がコンテストに沢山QRVしているためSメータを読んだ感触で評価してみました。

  • バーチカルEFHW vs GP
    GPの方がS1-2程度上。バーチカルEFHWでは14MHzはエレメントが長いため、7mの釣竿ではバーチカル部分は短くなります。そのせいか若干Sは弱めでした。10m竿でフルに展開できれば結果は違ったかもしれません。
  • invV vs GP
    GPの方がS1-2程度上。invVにしても14MHzでは地上高が低いことから打ち上げ角が高くなってしまい、このような結果になったと思われます。

実験1同様、14MHzで3Wで送信し、スキマーで拾われた様子はこちら。

  • バーチカルEFHW

f:id:CentralAttack:20180113183348j:plain

  • GP

f:id:CentralAttack:20180113183528j:plain

バーチカルEFHWも善戦していますが、GPのOH6が光ります。

 

まとめ

 DXはやはりGPが善戦しています。ラジアルの展開が若干面倒ですがコンパクトな設備でQRVできるのが魅力です。一方Glue-EFHWもバーチカル、invVと展開方法を選べるためハイバンドのDXから40m/30mの国内まで使えるのが魅力です。長い竿を使ってバーチカルEFHWをフルに展開又は地上高の高いinvVとすればGPを凌ぐ結果がでるかも知れません。それぞれのアンテナの特徴が出た楽しい実験でした。

 

城山(JA/KN-022)

f:id:CentralAttack:20180107163310j:plain

  三連休の中日、各地でSOTAアクティベーションが予定されています。年が変わりSOTAのアクティベーションポイントがリセットされたので、先日作ったアンテナのテストも兼ねて城山(JA/KN-022)で各局をチェイスすることにしました。

 津久井湖城山公園の駐車場についたのは10時近く。各局すでにアクティベーション開始されているようなので山頂に急ぎます。

f:id:CentralAttack:20180107163542j:plain

 ダッシュで登って20分程で山頂に到着。早速アンテナを立てたのですが、折れた釣竿のセグメントを除いてしまったので5mぐらいしか高さがありません。とりあえず14MHzのエレメントを展開してみたのですが、地面を這う部分が随分長くなってしまいました。

f:id:CentralAttack:20180107164141j:plain

 近くの河原で前日からテント泊していたGPY局が14MHzに居るはずなのですが聞こえません。スポットを確認すると18MHzに不動山(JA/KN-023)にいるIHV局がQRV中。早速Summit to Summit(S2S)交信が出来ました。7MHzには斑山(JA/YN-092)からNDT局がQRV中。7MHz用エレメントをつけるとS5位で入感。早速ピックアップしていただき二つ目のS2Sとなりました。14MHzでCQを出し始めると1エリアのチェイサー各局からコールいただきます。仙洞寺山(JA/KN-019)をアクティベーション中のSWI局からもコールいただきました。

 残念ながら今日は朝の早い時間帯にDXへのパスは閉じてしまったようでCQの応答も途絶え気味です。気を取り直して430メインで石老山(JA/KN-018)にいるGPY局をお呼びし、しばしラグチュー。4つ目のS2Sとなりました。

 続いて18MHzへ。こちらも1エリア中心です。いつも呼んでいただいている局からいただくSも弱め。アンテナの高さが足りないのか、マッチングボックスのロスが大きいのか不明ですが、今後検証が必要そうです。

 続く10MHzは空振り。7MHzは0エリア、5エリアと呼ばれますがコンテストで混んでいるので早々に退散しました。残りの時間で21MHzでCQを出すと8エリアからコール。QSBはありますが強力なシグナルでした。

 RBNで見てみるとハイバンドは上海や広州ぐらいまで飛んでいるようですが、あとは1エリアのみでした。(※各バンド出力は5W JH7CSU-1局はGLを確認するとQTHは世田谷のスキマーでした)

もう少し残ればバンドも開けそうな気もするのですが、用事もあるのでそろそろCL。

f:id:CentralAttack:20180107171601j:plain

 片付けをはじめていると21MHzで伊豆は天城高原の遠笠山(JA/SO-038)からVVH局がQRV中とのスポット。急遽バーチカルを逆Vに変更してコールし、 最後に本日5つ目のS2Sが出来ました。

f:id:CentralAttack:20180107172143j:plain

 本日は1エリアを中心に延べ20局とQSOさせていただきました。S2Sも5QSOもすることができ当初の目的は達成できたと思います。本日もコールいただいた各局ありがとうございました。

Glue-EFHWのマルチバンド化

f:id:CentralAttack:20180104204430j:plain

 先日作成したGlue-EFHWのマッチングボックスが思いのほか帯域が取れることが判ったので40-10mバンドへ多バンド化をしてみました。といってもやることは簡単で普通のギボシダイポールを端から給電しているだけです。

 ギボシダイポールと異なるところはギボシの位置が非対称になることです。これを活かしてDXを狙う20mバンドから上は打ち上げ角の低いバーチカルに、国内が中心となる30m/40mバンドはInverted-Vとしてみました(もちろんハイバンドをInv-Vにしてもかまいません)。

 早速いつもの見晴らし公園でエレメントの調整をしてみました。アナライザで実測してみたエレメント長はこちら。エレメントの線材やマッチングボックスの作りで微妙に違ってくると思うので現物合わせが必要です。(※2018/1/6更新)

f:id:CentralAttack:20180106192959j:plain

 ギボシの位置は以下の通りです。バーチカルとして使う際には下側のギボシを外していくことで釣竿を下ろさずにバンド変更が出来るようにしてみました。

f:id:CentralAttack:20180106192542j:plain

 マッチングボックスのすぐ先にギボシをつけて、バーチカルとして使う場合はここでエレメントを切り替えます。マッチングボックスの先の同軸ケーブル(3m)はカウンターポイズにもなっているので、コネクタ等で同軸を取り付けるのではなく固定長のケーブルにしました。

f:id:CentralAttack:20180109003354j:plain

 エレメントにはギボシが沢山付くので判りやすいようマーキングしておきます。ギボシの接続方法はいつもの通りロープを使った手抜きをしています。

f:id:CentralAttack:20180106190443j:plain

6mぐらいの釣竿で展開してみたイメージです。15mバンドより上はこんな感じ。

f:id:CentralAttack:20180104205653j:plain

20m/17mバンドは途中で折り曲げて使います(実物は一番上の写真)。

f:id:CentralAttack:20180104205738j:plain

40m/30mバンドは普通のInv-Vとして展開。

f:id:CentralAttack:20180104205814j:plain

 40mは20m用エレメントの端が、30mは20m用エレメントの端から2.9mぐらいのところが頂点になるので分かりやすいようにマークを付けました。

 実物はこちら。EndFedのためInv-Vにしても釣竿の先が給電点とならず釣竿がお辞儀をしないというメリットもあります。

f:id:CentralAttack:20180106190610j:plain

 このような展開の仕方で、前述のエレメント長でQRP周波数を中心に100kHz以上の帯域でSWR1.5以下とすることが出来ました。12/10mバンドでSWRが高くなる場合はカウンターポイズとなっている同軸部分を折りたたむと良いようです。

 ちょうど調整し終わったのがグレイラインの時間帯。試しに20mバンドでS9で入感していたモスクワ南のヴォロネジ州の局を10Wでコールしてみました。2次側にCを持っていないので特に耐圧等で問題になることはありません。

 先方はKWクラスの局らしく、こちらの弱い信号はQSBの底ではノイズに埋もれてしまうようです。何回かのコールでようやくピックアップ、一応RST559をいただきました。いつも使っているEFHWと比較してみれば良かったのですが、とりあえず電波はでているようです。

 7MHz/10MHzも試してみたところ、いつものEFHWを1/4λバーチカルにしたものよりは飛んでいるようです。また、きちんとしたInv-Vの形に展開せず、バーチカルとして使っている20m用エレメントの先端に40/30m用エレメントを付けて斜めに下ろすだけでも十分使いものになりそうです。

f:id:CentralAttack:20180104211756j:plain

 基本的にフルサイズダイポールをエレメント端から給電しているだけなのでエレメント長はずいぶん長くなります。一方、耐圧の高い大きなタイトバリコン等も不要なためこちらのように100円ショップで買った小さなソフトケースで十分収納可能です。

f:id:CentralAttack:20180104210947j:plain

 先日折ってしまった釣竿もAliExpressで格安の7.1mのグラスロッドを購入済み。釣竿が到着次第、山頂で各バンドの実地テストをしてみたいと思います。

 

 ※尚、今回のアンテナ製作にはこちらの解析記事を参考にさせていただきました。

www.hamradio.me

この記事で俎上に上がっているのはLNR Precisionのこちらの製品です。トラップ・ローディングコイルがついて10m-20m-40mバンドにQRVできるようです。

www.lnrprecision.com

2018 QSOパーティ参加

f:id:CentralAttack:20180103213905j:image

今年もQSOパーティに参加しました。例年1月2日3日は親戚回りで時間が取れず、隙間を縫っての運用になってしまいます。

 初日午後からとりあえず庭に1/4λバーチカルを張って7MHzから参加。バンドコンディションは悪くなさそうなのですが住宅地のど真ん中とロケは最悪。QRPではなかなか取ってもらえません。

 430MHzに移ったところで宴会タイムとなりしばしQRX。夜になっても局数が伸びないのでGPY局をお呼びしてsked。お隣の区なのですが、窓から無理やり突き出したコリニアの為、どうにかQSOできるレベルでした。

 翌日は池上本門寺へ家族で初詣。一人居残りで430MHzでQRVとしました。池上会館の展望台が良いロケーションなのですが流石に人も多く迷惑なのでベンチからRH770でQRV。電池が怪しいので呼び回りが中心で効率も悪く強風と寒さで1時間ちょっとでQRTを余儀なくされました。

 家に戻り再度430へ。今度はベランダから釣竿をフルに伸ばしコリニアを設置。強風で竿が思い切りしなりひどいQSBが発生しますが、そこそこ飛ぶようになった模様です。やっと規定局数を超えたと思ったところで釣竿がいきなり崩壊!ベランダの手すりに当たったところからポッキリ折れてしまいました。
f:id:CentralAttack:20180103220107j:image

 まだ少しQRVできる時間があったので先日作った20m EFHWの実験をしてみました。軒下から斜めに引き下ろしたいい加減な設置でもとりあえず使えるようです。この状態で南大東島(IOTA AS-047)からQRV中のNYP参加局とQSO。計27局でCLとしました。
f:id:CentralAttack:20180103220837j:image

   苦労した割には局数も伸びず、昨年同様大苦戦となってしまいました。来年はもう少し楽ができる運用スタイルを模索したいと思います。

 QSOパーティーで交信させていただいた各局ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

Glue-EFHWの製作

f:id:CentralAttack:20171231214128j:plain

 2017年最後の日、SOTAのお手軽アクティベーション用に20mモノバンドのEFHWを製作してみました。

 参考にさせていただいたのはこちらです。

aa7ee.wordpress.com

 トロイダルコアFT37-43に二次側としてポリウレタン線を27T巻き、その周りに一次側として3Tを巻きます。一次側と二次側のグラウンドを接続し、一次側には耐圧1KVの150pFの積層セラミックコンデンサを並列に接続します。(※一次側なのでここまでの耐圧は必要ないと思われます)

 EFHWのチューナでは二次側に並列共振回路を設けるケースが多いのですが、こちらは巻数比1:9のトランスとなっており、一次側の50Ωをエレメントの端点の高いインピーダンス(~5kΩ)に合わせています。一次側の150pFはトランスのインダクタンスの補償用らしく、これにより給電点のインピーダンスが変化した場合でも広帯域でマッチングをとれるようにしているようです。詳しい説明はこちらの解析記事(二つ目の記事の”The purpose of the Capacitor in the Matchbox”の部分)を参考にしてください。

https://i1.wp.com/www.pbase.com/daverichards/image/164212902/original.jpg?zoom=2

 次に上図を参考にケーブルを接続します。同軸ケーブルは1.5D-2Vを3m。エレメントはAWG24のワイヤをとりあえず11m接続しました。

 ケースには100円ショップで買ってきたスティック糊を使っています(Glue-EFHWはこれをみたJG1GPY局が命名しました)。

f:id:CentralAttack:20171231215359j:plain

エレメントを釣竿(6m弱)の先に取りつけ以下のように展開します。

f:id:CentralAttack:20171231220755j:plain

実際に見た感じはこちら。

f:id:CentralAttack:20171231215958j:plain

 アナライザ等で共振点を見ながらエレメントの先を切っていきます。この展開の仕方で9.46mでおよそ14.000MHz~14.350MHzがSWR 2.0以内。

 エレメントの展開の仕方をいろいろ変えてみると地面からの距離などにより共振点のずれがありますが、おおむねQRP向け周波数の14.060MHzではSWR2.0以内に収まる様子です。先ほどの解析記事の通り、かなり広帯域のようです(下図 SWR 20m)。

http://www.hamradio.me/wp-content/uploads/2012/04/Quad_Overview_SWR.png

 またエレメントと同軸が一体になっているので、釣竿を使わず木の上から吊り下げたりして展開することも可能です。

 早速20mをワッチしてみるとニューカレドニアFK8が強力に入感していました。5Wでup1でコールしたところすぐにピックアップして貰えました。

f:id:CentralAttack:20171231221400j:plain

 いつも使っているEFHWにくらべると広帯域な分効率が悪いように感じますが、大きなチューナも不要で簡単に展開できるためお手軽アクティベーションには適したアンテナかと思います。

 年が明けたら実際のアクティベーションで使ってみたいと思います。

権現平(JA/KN-020) SOTA忘年会

 

f:id:CentralAttack:20171231183838j:plain

 昨年に引き続き、今年もSOTA仲間の合同アクティベーション+忘年会を開催しました。アクティベーション先は宮ケ瀬湖のほとりにある権現平(JA/KN-020)としました。

 前日の晩から近くのキャンプ場にQEC局、GPY局、IHV/UPL局親子が集合。さらに島根からはRQO局も駆けつけていただきました。当局は22時過ぎに遅れて参加。各局AC過変調で絶好調でした。GPY局持参の天体望遠鏡も覗かせていただき当局の2ndも大喜びです。

 そろそろ車で寝ようかと思ったところ2ndが是非QEC局のシンちゃん号に泊まりたいとのこと。QEC局のお願いしてお邪魔させていただきました。ファンヒータも効いた快適なベッドでとても快適な夜を過ごせました。

 次の朝は6時に起床。河原の地面が凍り付いておりかなりの冷え込みだったようです。

f:id:CentralAttack:20171231184804j:plain

 7時半過ぎに鳥居原ふれあいの館駐車場に向けて移動開始。駐車場にはNDT局、VVH局親子が既に到着していました。RQO局自慢のドローンで空中から記念写真。とても新鮮なアングルの写真が取れました。

 権現平山頂には9時半頃到着。早速皆さん思い思いの場所でアンテナを展開します。当局もとりあえず14MHzで4局だけでもとはじめさせてもらいました。あまりバンドコンディションが良くないのかCQを出しても呼ばれません。ZL1BYZ局からコールされた後、1エリアのチェイサー各局からコールされますが続きませんでした。

 GPY局にバンドを譲り暫しQRX。UEH局、IKC局、SWI局も集まり山頂は大賑わいとなりました。

 一通り各局のアクティベーションが終わったところで新しいアンテナのテスト運用をさせてもらいました。こちらは先日作成した6mのSkydoorアンテナとトランスバータ。

f:id:CentralAttack:20171231205730j:plain

f:id:CentralAttack:20171231205932j:plain

 ちょうど秩父の伊豆ヶ岳(JA/ST-013)をアクティベーション中のSOTA局がいらっしゃたのでコールさせていただきRS59/58のレポートを交換。ちゃんと飛んでいるようで安心しました。

 そろそろ山頂で3時間近くが経過。前泊組も疲れてきたので下山としました。

 

 本日はSOTAアクティベータの皆さんと今年最後のアクティベーション+忘年会を楽しむことができ最高の一日となりました。参加いただいた各局、コールいただいた各局本当にありがとうございました。

 

 また来年も集まりましょう!

大山(JA/KN-006)

f:id:CentralAttack:20171223202428j:plain

 日頃の運動不足解消に大山(JA/KN-006)をアクティベーションしてきました。

いつもはヤビツ峠から登ることが多いのですが、今日は大山ケーブル下から徒歩。久しぶりに男坂経由で登ってみました。日頃の運動不足が祟り、既に下社で標準コースタイムをオーバー。バテバテの状態で表参道をとぼとぼ登り、結局着いたのは予定時刻から40分過ぎとなってしまいました。

 山頂西側からは塔ノ岳・丹沢山をはじめ、富士山や南アルプスの山々が綺麗に見えています。

f:id:CentralAttack:20171223202948j:plain

 今日のアンテナは先日エレメントの再調整をしたGPです。ラジエータが金網に引っかかるせいかSWRが高め。角度や展開方向を変えたところ、無事各バンドでSWR1.5以下になりました。それほど調整はクリチカルではないようです。

f:id:CentralAttack:20171223203302j:plain

 早速14MHzからCQ。今日は国内は開けておらず1エリア中心。途中ZL局、VK局からもコールいただけました。次は18MHz。こちらも国内はバンドが開けておらず1エリア中心。残念ながらDXからのコールはありません。

f:id:CentralAttack:20171223203220j:plain

 アンテナがおかしいのかと思いRBNで見てみるとそれなりに飛んでいるようです(出力は5W。後半の14MHzから10Wにしています)。

 今日は国内のバンドコンディションは今一つ、DX局もクリスマス休暇で家族サービスが忙しいのだろうということで、延べ17局、JF1NDT局とのQSOを最後にCLしました。

f:id:CentralAttack:20171223203911j:plain

 今日のSOTAは運動不足解消が主目的なので、帰り道はちょっと距離はありますが見晴らし台経由で日向薬師方面へ下ることにしました。途中見晴らし台ではAMコンテストに参加していたOM局と偶然お会いすることができ、楽しくリグ談義させていただきました。

 見晴らし台から日向薬師までの下りもかなり急な山道です。案の定いつもの膝痛が発生。ゆっくり下っていたらかなり時間が経ってしまい、途中楽しみにしていたクアハウスも断念。どうにかバスに乗り込み帰路に着きました。

 日向薬師経由のコースは登りがいはありますが、麓に広い駐車場がありアクセスも良く、途中に温泉もあるなかなか楽しいコースです。もう少し身体鍛えなおして、次回はこちらから往復してみようかと思います。

 今日もコールいただいた各局ありがとうございました。