読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JL1NIE ’s blog

趣味のアマチュア無線やプログラミングについて徒然と。

JAFF(JA Flora & Fauna)アクティベーションの自動スポット

折角の祭日ですが一日中雨となってしまいました。こんな日は溜まった宿題を片付けようと、以前から検討していたWorld Wide Flora & Fauna / JA Flora & Fauna向けにRBNHoleと同じような自動スポット(正確には自動Tweet)システムを作ってみました。

hag00207.wixsite.com

 WWFFにはAgendaというSOTAwatchのalertに似た仕組みがあり、こちらにアクティベーションの予定を入れておくことでアワードハンティングをされている局に運用予定を知らせることができます。WWFFではSOTAwatchのような独自のサービスは提供されておらず、DX Cluster(日本だとJ-Clusterでしょうか)を使ったスポットが行われているようです。

 さて@SOTAwatchspotJAにはRBNを使ってアクティベーション局のシグナルレポートをSkimmerから集める機能があります。これを改良することでWWFF/JAFFのアクティベーションを自動でtweetする仕掛けを考えてみました。

 まずアクティベーション情報の入手ですが、Agendaから少なくとも運用日時とコールサイン、WWFFナンバー(JAFFナンバー)ぐらいはiCal形式で取ってこれそうです。これで最低限のことは出来そうですので、毎朝8時に最新のAgendaを入手し当日予定されているJAFFアクティベーションをtweet。その後RBNでその局をモニターし、世界中のいずれかのSkimmerに捉えられたらtweetする@JAFFspotというtwitterアカウントを新規に作りました。

 本来は周波数が変わったりバンドチェンジをしたタイミングに合わせてtweetするのが美しいのですが、とりあえずRBNで捉えられている間はコール・周波数・捉えたSkimmerをtweetするようにしています。

 しばらく実験運用してみたいと思いますので、バグの指摘・ご要望等をいただければ幸いです。